写真の上にカーソル乗せると画像が変わるものもあります!
それはそれは つるしびなが沢山飾られてました。

本来は おばあちゃんやお母さんが娘の成長を祈って
手作りして 吊り下げたものだそうです。

値段もピンキリ  (^−^)


本日のお宿は下田の道の駅  開国下田みなとに決定

店があり屋根がある駐車場へは無線車デリカはは入れません。

キャンピングカーが泊まっている大型車用の駐車場で・・・・

早くに店締りコンビニ弁当となるが、肉焼いてビール・焼酎で

腹は満腹!!!   下田の港でジョギングなんぞ やってみた。
一階から 海の中の魚を覗いてる我々に魚の種別を教えてくれてます。
10月 27日 月曜日 五日目
五日目 走行距離   93 Km
          トータル 1104 Km

  

静岡県の探索を 無線車デリカで楽しみましたョ!
一碧荘の朝食です。
昨晩の夕食は部屋食でしたが、朝食は大きなフロアーで・・

海の幸がふんだんに・・・・ ご馳走様でした m(__)m

山と海に囲まれた地形の熱海市

お宮の松を観ようと思ってたが、知らぬ間に通過・・・(^^;
初島を左に眺めながら道の駅 伊東マリンタウンへ到着

初島へ次回はのんびり行きたいと思う。
一周約4Kmを のんびり歩いて 美味しいもの食べて
釣りして海中クルージングして呑んで・・・・・

今回は到着9時過ぎだからどこもオープン

早速  半潜水式海中展望船 イルカ号にて伊東の海を遊覧します。
切符売ってる女性が親切だったです。
お泊りは・・・     熱海です。
割引券貰いましたネッ・・・・・・・・サァー ??   
貰ってるので割引しました。大人2枚で○○です・・・と (^−^)
手を伸ばせば魚が採れると思わせられます。

港を離れると船上のデッキから風景を楽しみます。
伊東マリンタウンから手石島、汐吹き岩、与望島、
まな板岩など さまざまな岩?島?を案内されます。
どちらに乗ろうかと迷った 高速の海賊船ともすれ違い!



11時11分  伊東ガラス館にも立ち寄りましたが・・・・
事前に教えて頂いてた 赤沢温泉
しかしここは余ったお湯を分けてもらってるとか・・・
おばあちゃんが洗濯されてました。
手をつけると ぬるい・・
おばあちゃん曰く{もう30分 3時間・・いつかは熱いお湯出るョ」

でもここのでの入浴はパスしました。
でやって来たのが大川海岸露天風呂
12時30分だが 男湯3人 女湯0人
管理のおばちゃん「お二人で女風呂へどうぞ」だって
丁重にお断りしてそれぞれ別々に 入浴した。
つづいて やって来たのは北川温泉
一番入浴したかった露天風呂だったが
熱海から走っても9時までには間に合わないので断念したとこである。
雰囲気だけでも 味わおうと・・・・・・
国道135号線   停滞も無く 本当にのんびり走れる。

のんびり走ってると 後方から 可愛い 犬がついてくる。

実家に預けてる 愛犬「さくらちゃん」を思い出す・・!


でもそんな事より 腹減った



赤沢温泉で地元の人から聞いていた 御寿司屋さんへ

金目鯛・生しらす・さくら海老・ウニ・烏賊・まぐろ 

と 寿司を口に運ぶ・・・・・あぁ〜ビール呑みてぃ〜
下田市に入りすぐです。
尾ケ崎ウイングと言う見晴らしの良い駐車場で小休止

良く見ると海と遊べそうな島発見

女房の反対を押し切って現地へ
現地から尾ケ崎ウイングを望む
後で調べてみると、竜宮島で「アロエの里」とも呼ばれてるそうである。
偶然無線車デリカがアロエの垣根を通過している写真がありました。
潮風とアロエで元気になりましたぁぁぁぁ〜  (笑
15時 金谷旅館の 千人風呂へも行きました。

名前から凄く広いイメージで入浴しましたが・・・

レトロな風情で、お泊りして ゆっくり味わうのも良いカモ!
次の入浴地は 石風呂の薬師湯で有名な 弥五平 です。
他にお客様いなかったので男風呂へ女房と一緒に入浴しました。(旅館の人にそう言われた・・弁解)
浴槽は4つに仕切られ それぞれ湯温が違います。

私は熱いの苦手で水道水で薄め手前左に入った。
手前右はボゴボゴと源泉が沸きあがってました(^^;

駐車場までの間に外人さんとお会いして・・・・・



それより 弥五平さんに飾られていた つるしびな

あまりにも 造りも良く可愛かったので 購入先を教えて頂き

カーナビセットで現地へ   狭い道走って