11月14日 水曜日 七日目


七日目 走行距離 378 Km
     トータル 2016 Km

  
飯坂温泉の溪泉莊 を 後にして  いよいよ福島県とお別れします。

福島交通 飯坂線 の可愛い電車と並んで走ります。
東北自動車道 福島飯坂IC から群馬県の安中市を目指します。
写真の上にカーソル乗せると画像が変わるものもあります!
群馬県の安中市を目指すと言えば
            アマチュア無線家は ピィ〜ンとくる局が多いでしょう。
そうなんです! JK1NIT 田中OM へ注文していたアンテナを・・

7時00分  福島飯坂IC 乗っかり
栃木県 突入 7時49分 (福島県とお別れ)
カーナビの指示チェックしてみると、東京外環状線経由で関越道!  ズゥ〜と高速走れって 
安中市の田中OMへ ヘルプミィー  佐野藤岡IC 降りて国道50号で・・・

安中市 突入 11時45分   旧道の古めかしい食堂で腹ごしらえ
12時45分

JK1NIT 田中OM 宅へお邪魔し 素晴らしいアンテナを受け取る。

今度のアンテナは クリエート27×2×2 より大きいし、
スタック間隔も随分広くなっている。

従来のクリエート用の積載装置では無理なので
帰ってから無線車デリカ改造の楽しみが増えました(^^;

Newアンテナ傷付かないようにタオルで保護し
ラックへ積み込みました。
7時55分  那須高原SAで給油
野菜サンドを頬張る!
13時45分  これから今夜の宿泊地 

群馬県利根郡にある 宝川温泉 を目指します。

国道18号→高崎IC から関越道へ上がります。



フロントガラスからアンテナ突き出てます!
14時40分 赤城の山も今宵限り・・・・・? の赤城高原SA でコーヒータイム
無線のお友達 JN1JHF 七五三木 OM の住んでいらっしゃる 沼田市 通過です。
FM SSB でコールしましたが、残念ながらダメでした。
よくもまあ〜・・・・こんな盆地から岡山・広島へ飛ばして来るものだと感心してしまいました。
水上IC 15時10分 水上温泉群が現れます。

橋の左右が違う (デザイン?)ユニークな橋発見!

山奥へ山奥へ 無線車デリカ 進ませます。
16時02分
宝川温泉 到着です。

アンテナ積んでるので 濡れないように屋根下駐車です。
狭いのでフェンス ギリギリまでバック  ・・・・・ こんな時にバックカメラは便利です。

我々が泊まる部屋は 第一別館  昭和11年に建てられた木造2階建て 非常にレトロです。
予約時  たまたま この部屋が空いてましたので 超ラッキーでした。  (^−^)
部屋からの眺めです。
吊り橋を渡って露天風呂へと移動します。
紅葉も見事で  ここからずぅ〜っと眺めていても良いでしょう!


建物内部の廊下の眺めも風流な風情が楽しめます。

でも やはり 大露天風呂へ行くべきです。

大露天風呂へ行き着くまでに  
いろいろな物(民芸品や骨董品)があります。

これ見て歩くだけでも十分たのしめます。

なかなか大露天風呂へ辿りつれませんネッ!


ここの大露天風呂  混浴が三つと女性専用が一つの合計4つ。
しかも どのお湯も 天然掛け流しです。

子宝の湯は200畳、摩訶の湯100畳、摩耶の湯100畳、
般若の湯50畳  とにもかくにもビッグスケールです。

女房もここの混浴OKでした。

お部屋に何枚ものバスタオルがあります。
             (一度の入浴で身体隠し用と身体拭用 )
脱衣所は男女別々
カップルさんも沢山入浴されてます。

新婚さん?に私たちの入浴シィーン デジカメで撮って頂きました。
勿論 新婚さんのも撮ってあげて・・・
(後日JPGでメール送信しておきました。)
絶対 拡大しないでネッ!
長い大露天風呂までの小路を歩き 何回も入浴したのは
言わなくても お分かりでしょうネッ  (^−^)

渓流のすぐ横で水の音を聞きながら(当然冷たい)
大きな大きな露天風呂でゆっくりとした時間を過ごします。

明日はただ ひたすらに 高速走るのみ・・・・・!
これから楽しみな夕食タイムです。
山の幸を中心に茸や川魚が出てきます。
まったけ も 熊汁も食す。
谷川岳 超辛口 本醸造 も楽しみます。
大露天風呂から出てもホッカホッカで寒くありません!