新型の黒センターキャップに取替です。

部品番号   (4252A020)  

約2,500円 で グッと引き立ちます
で、先日  無事スタッドレスタイヤ譲渡終了しました。
と○じん@山口さん  御後宜しくです  m(__)m



その時の模様は     こちらで ( ^^) _U~~


我が子とスタッドレスタイヤがドッキング

ただ現在のタイヤみたいに文字に色塗って、ホワイトリボン化は無理でした。
これで、夏タイヤ・冬タイヤ 共にYOKOHAMAで統一された!

225 / 55R  98      18インチ

夏・冬 18インチ と 言う事は・・・・・・・・・・・・  (^0_0^)

三菱純正ボディコーティングの
スターシールドを施工しておく!

我がクラブのシール作成者がアウトランダーPHEVスポーツと同じより良い?
黒のカーボン調シートで精巧なシール作成されてます。
あの   ka○u@横浜 さん  でこそ成せる業 (^-^)
私一人では絶対に貼れないと判断(^^;


あきらめてましたが、どうしても・・・スタッドレスも18インチを履きたくて・・・!

(何故か判る人には判ります(笑))






リムガード貼り付け後は、何時ものタイヤ置き場へ!

これも自作で、タイヤが地面に接する事無く保管出来ます。

今までのタイヤさん達もここで出番を待ってましたネッ(^-^)

4~5日たって「完成したぞぉ~」

愛しい我が子と御対面

キラキラとラメが反射し、逞しい黒色(ファントムブラックパール)へ変身
支払もこれで良いの・・・・・と思うくらいの激安価格でした。

大切に4個のホイール連れて帰った(^-^)

で完成・・・先輩のとこへ          

NGならもう先輩にお任せしようと・・・・!(^^;

先輩曰く「これならOK、後は任せろ(^-^)」

リムガード  有り無しで雰囲気が全く違って来ます。

ただ このリムガードタイヤとホイールのセット時で
お役御免です。

また新しいリムガードが必要となりますが・・・・!

板金塗装営まれてる先輩に相談!

「単純に塗装するだけなら良いが、このような塗装、出来ない事はないが、思ってるよりは高くつくぞっ!」と
でもこのようにしたい・・・・とダダこねる(^-^)
「じゃあ、お前が足付けして、マスキングまでやって・・・・だったら安く出来るぞっ!」
”足付け”って何? マスキングのテープも持って無いしぃ~??

 で、先輩が実地指導してくれた!

足付けというのは、ホイールの塗装面をサンドブロック(スポンジ状のヤスリ)でざらざらにする事だそうです。
要は、塗装面が綺麗に塗れるようにサンドペーパー等で磨く事ですネッ。

素人に難しい言葉使わないで(^^;

塗装面をいとも簡単に磨いて、細いマスキングテープで縁取り、少し太いマスキングテープで隠し、
極太のマスキングテープで更に塗装しない面を隠します。

サンプルで一か所実地指導(^^;
サンドブロックも、各種マスキングテープもタップリと渡してくれた(^-^)

 

これならやれると自信持って我が家に帰り・・・・・・・(^^;

純正ホイールを塗装しました。
色はランエボ ファイナルエディションのカラー(ファントムブラックパール)を採用(^-^)


純正ホイールがこのデザイン、
決して嫌いな訳ではありませんでしたが・・・・!

いざ自分で磨いて見ると、なかなかどうして(^^;

最初はサンドブロック新しいので、気持ちよく磨けるが、
少し古くなると塗装やアルミの粉が付着し磨いても磨いても・・・・!

仕事から帰り、一杯呑んで・・・・一日1個磨ければ良しとしなくては!

マスキングも頑張るも、綺麗に縁取りが出来ないでやり直し何回も!
押えても端が浮いてるとこ発見で・・・又々やり直し!

マスキングだんだん慣れて来ると、1個のホイールで、曲面の左側のみ貼付け
次に右を、そして縦をと身体で覚えて来る(^-^)

【綺麗に・早く】

和室に新聞紙敷き詰めて毎夜毎夜!
女房から白い目で見られ、呆れた顔、最後には片づけしてとも言われなく(言っても無駄と諦めた!)

何故だかこの4個のホイール達とお友達? 我が子? 恋人? 愛おしく思えて来るのは隠せない!

リムガード取付でワンポイント装飾

タイヤとホイール黒通しでホイールが大きく見えません。
折角苦労して磨いてマスキングして塗装してもらった我が子がボヤケテしまってます。

アルコールで拭いて、プライマーでコーティングし、慎重に慎重に貼り付けてカッターで切ったらお終い。(^-^)

更に手で強く押し付け、接着強度を増して・・・完成です (^_-)-

スポーツエディション
アウトランダーPHEVスポーツに装着されたのがこれ!
雰囲気がシャープな印象になりましたネッ(^-^)
素人が、

いよいよスタッドレスタイヤの選定、装着です。

第一希望は BRIDGESTONE
第二希望は PIRELLI YOKOHAMA MICHELIN DUNLOP

BRIDGESTONEは 
VRX----------- 性能ピカ一 重たい車なら半端なくチビルのが早い 
                            2年前に発売された   

DM-V2------- SUVならこちら (現在はDM-V1使用してる)

金額もやはりお高いです(^^;

それに比べて、今年発売された最新のスタッドレス
様々な雪質に強く、しかもドライ路面での騒音少なく、転がり抵抗少ない。
性能低下しにくいコンパウンドだからして、減らない限り5シーズンくらい使える。

と、ネツトでの情報、各種メーカー対比グラフ等々から
お安くて、性能も優れている、YOKOHAMA ice GUARD 5 PLUS 225/55R18 98Q に決定

このスタッドレスタイヤ、今度はどこがトータルで安いか?
ホイールにタイヤ組み付け、バランスまで取って幾ら掛かるのか?
オート〇ックス、黄色い帽子、ガソリンスタンド、大手通販会社、何時ものタイヤ屋さん  それぞれ足運ぶ (^^;

価格的には大手通販会社が一番・・・でも・・・少々値段高くても何時ものタイヤ屋さんへ
早くの注文で希望サイズもバッチシ(^-^)

素人が、素人なりに改造・装着・壊した・・・等々の紹介をしていきます。

                    ”まねっこ”大歓迎ですが、自己責任でお願い致します。
☆ 純正ホイール塗装 スタッドレス装着
で、逆バージョン塗装を考え付きました。