リアビューが精悍になりました(^-^)
真っ黒のプラスチック?だけは無機質過ぎますので・・・・・!
素人が、素人なりに改造・装着・壊した・・・等々の紹介をしていきます。

                    ”まねっこ”大歓迎ですが、自己責任でお願い致します。
素人が、
☆マフラー&太鼓のブラック耐熱塗装
前から気になってました(^^;

通常の車はマフラーパイプはセンターを通ってますが、アウトランダーPHEVは右サイドを・・・・!

3Mの黒のカーボン調スコッチプリントシート張付け後はマフラーパイプの金属色が特に気に成りだして・・・・・!

三菱のメカニックに相談すると、「半年点検で塗りましょうか???」
それまで待てない私は            「自分で塗れるか?何を買えば良いのか?」
三菱のメカニック                  「見えるとこだけならば、寝っ転がって・・・少々雑でも △ △」
三菱のメカニック                  「耐熱と書いてあるスプレー缶の黒を」

オート○ックスで確認し、良く売れてると言うHoltsのハイヒートペイント 300 ブラックを購入(^-^)

実質45分で準備~お片付けまで・・・・・・(*^-^*)
耐熱温度600℃で、車のマフラー・ストーブ・焼却炉・煙突等の
耐熱性を必要とする部分に使用できます。
耐久性に優れ、変色が少なく、密着性が良いのでキレイに仕上がります。
塗装後、30〜40分で乾燥し(気温20℃)乾燥後約1時間で使用できます。  

と、メーカーからの紹介文です。      
写真の撮り方が下手くそで
前後のアングルが違うのは・・・御愛嬌 !

← ド アップで、こんな感じ・・・・・(^-^)

 耐熱塗装前  耐熱塗装後
   
   
塗料が飛んではと・・・新聞紙でガードしてみる。

ボディペイントスプレーみたいに細かい気流は発生しない。

ただシンナーの臭いが・・・気持ち良い (-_-メ)

右サイドは新聞紙のガード省略です。
デリカと違い、車高が高くない(^^;

無線の移動運用で使ってた特注歯止めを利用します。

(3トンジャッキと馬も持ってはいるが・・・・省略)






自己満足の世界でしかありません(^^;

でもネッ・・・・・ほんのチョットした差別化の積み重ねで

だんだんと、自分好みの車に変身するのが嬉しくてたまらないXVMがいます m(__)m