旧無線車デリカのシートは薄っぺらで座り心地は良くなかったが、
シートをフラットにすれば何とかベッドになっていた。
しかし今度のSGのシートは分厚くベッドと呼ぶには辛いものがある。
疲れ知らずの車中泊とするには、やはり硬くて水平なベッドが必要不可欠である。

無線車デリカのベッドの条件
       ○取付け・取り外しが簡単にできること!
       ○車内への収納がコンパクトに収まること!
       ○大人二人がゆったりと寝れること!
       ○愛犬の足跡、抜け毛の掃除が簡単に出来ること!
       
以上の条件を元に、自分で設計図作成です。

↓ ベッドの脚部分
昔の家の柱を廃物利用しました。

写真後ろの2本がフロントのベッド脚用
前に倒れてるのがリアの左側タイヤハウス用の脚です。

フロントの脚右側は常時設置(取り外しも可)
アルミの角パイプが移動しないように、切り込み入れてます。

左側タイヤハウス用の脚はタイヤハウスに沿わすように
曲線に加工してます。これも常時設置(取り外しも可)

シルバーで塗装しました!
↓ ベッドの基礎部分
ベッドの脚を設置(置くだけ)助手席後ろへ

脚の切込みへ20mmアルミ角パイプをはめ込みます。

横長×2   横短×1   縦×2

センターへは超安価なSPF材を利用
留める基礎部分は小さなコンテナ利用です。
↓ ベッド板を並べると完成!
ベッド板は6枚と プラス大1枚

最初はコンパネを切って並べてみましたが
フワフワして不安であったため、無印の棚板を利用です。

その棚板にクッションフロアー材を両面テープとタッカーで
留めただけ(作成時間1時間程度)

不燃性のカーペット等も考えましたが・・・
犬も一緒に利用するので

プラス大1枚は棚板では小さいのでコンパネ利用です。
↓ ベッド板収納状況!
ベッド板は6枚は無線収納ラックの上へ
             (落ちないようにゴムバンドで留めておく)

プラス大1枚とSPF材はセカンドシートとラックで挟むだけ

20mmアルミ角パイプはセカンドシートのサイドへ収納 !
       (どこの部品かテプラで表示させてます)

フロントの脚部分は見えない所へ適当に投げときます。


どうですか?   無線車デリカ専用ベットの収納は?


*セカンドシートへはウエットスーツ用の生地使った
  シートカバー付けてます。
↓ 超簡易ベッド 設営状況!
ベッド設営時間は

       @フロントの脚部分(左のみ)を置く
       Aアルミ角パイプをそれぞれ並べる
       Bコンテナを前後に置きSPF材を置く
       Cベッド板を並べる

約3分で終了となります。(他の荷物が無ければ・・)


苦労したところ

やはりベットの脚でしょう。
20ミリにカットもだが、後ろのタイヤハウスのRに沿わせ
切り込みする所です。
ナットは飛び出してるしぃ・・・・・・

建具やさんなら上手い事こしらえるのでしょうが!!
2010年1月2日     ベッド板補修    
ベッド板にヒビ割れ発見(^^;
このまま使用すれば、絶対にベギィーっと
いくら分厚いと言っても合板の接ぎ合わせですから!  (絶対に体重が重いとは言わない)
廃材の利用です。

精密機械の背面板(2ミリ厚のステンレス製)

捨てる神あれば拾う神あり・・・・・
2002年に造った、作業部屋兼倉庫の一部です。

http://parfait.silk.to/sonota/souko/souko.htm



ステンレス製の板に接着剤を塗布し、
強固に板と接着させます。

木工用の接着材は金属とは相性が良くないそうです。



それを裏返し、ビスで揉みます。

6箇所もビスで揉んだので強固に接着されてます(^−^)

折り返し部分が7ミリもあるので収納が不安です。

それと、そうでなくても重たいのに更に重たくなって・・・!

6枚一度に持つと・・・・大変な重さに
(女房では持てない)

心配していた収納です。

問題はありませんでしたが、バランスがまた上に・・・・(^^;

お泊り移動運用にとベッドを作成してみました。